商品紹介

ぬい針「絆(きずな)」

手にした針が布にスムーズに通り、
長時間使っても不快や疲れを感じないこと。
それが、よいぬい針の条件です。
クロバーのぬい針は、鋭く強い針先のための先付研磨、
布通りのよい表面の仕上げ、
糸通しや布抜けがスムーズな針先の工夫など、
縫いやすさを追求したクロバーのこだわりが
随所に込められています。

生地、ぬい方、手の大きさに合わせて選びます

生地の厚さを目安に 7種類のカラーで 分類しています。適した生地を表示しています。取引用語や旧名も記しています。糸の通しやすいだ円穴。糸あたりが柔らかい純金メッキ仕上げ。折れにくく曲がりにくい針軸。布通りなめらかなメッキと表面仕上げ。布通りのよい鋭く強い針先。クロバー独自の先付研磨しています。

ご使用になる生地、使い方、ご自分の手の大きさや力によって違いがあるので、実際に使用しながら、ご自分に合った針を見つけてください。選ぶ時は、パッケージも目安にしてくださいね。

木綿針 キルティングやウール、フェルトなど厚い生地用
ガス針 木綿、麻、ウールなど普通地用
つむぎ針 薄手木綿地や薄手のウール地用
絹針 絹など薄手の生地用
メリケン針 木綿、麻、ウールから厚地のフェルトまで生地に合わせて選べます。明治期に洋服の仕立て屋さんがメリケン(=アメリカ人)から手に入れた西洋針が名前の由来。洋針です。

「布+用途」の呼び方

布地には「もめん」「がす」「つむぎ」「きぬ」などの種類があり、「がす」は、木綿糸の表面をガスの炎で焼いて滑らかにした「ガス糸」を使った光沢のある織物のことです。また、針には「ぬう」以外に「えりをしめる(衿をくける)」「くける(ぬい目が表に出ないようにするぬい方)」などの用途があり、布と用途がくっついて名前になったのが「がすくけ」や「きぬえりしめ」といった針です。

太さと長さを表す呼び方

「三ノ三」「四ノ三」のように数字のつく針は、しるし針といい、仕立て屋が使う針として太さ・長さがくるわないよう決められていました。太さの数字は、現在では「三」と「四」のみ使われていて、「三」は「三番目に太い針=木綿針」、「四」は「四番目に太い針=絹針」を示します。長さは「一」は「一寸一分」、「二」は「一寸二分」のように、一寸(30.3㎜)から一分(3.03㎜)ずつ長くなります。「三ノ二」ならば、木綿針の一寸二分(約36.4㎜)の針のことです。

こだわらずに、ぬいやすい針を選びましょう!

もともとは、和裁用の針を和針、洋裁用の針を洋針と呼んでいました。和裁は運針をするため曲がらず硬い針が好まれ、海外では折れると危ないので軟らかい(曲がる)針が好まれました。ぬい針「絆」には和針と洋針の両方の規格の針がラインナップされていますが、どちらも折れにくく曲がりにくい針軸です。

Page Top