HOME > イベント&ワークショップ > イベントレポート > 2015年 > メルマガ取材日記/伊藤みちよ先生の個展&ワークショップレポート

イベントレポート

メルマガ取材日記/伊藤みちよ先生の個展&ワークショップレポート

20150316_1.jpg

2015年3月7日(土)から15日(日)まで、兵庫県・芦屋の「スペースR」にて開催された
伊藤みちよ先生の「May Meスタイル 大人のふだん着」展と、ワークショップ「May Me
伊藤みちよさんと作る、チュニック/ワンピース」 を取材しました。

20150316_2.jpg
会場は、閑静な住宅街にある「スペースR」。1階はカフェ、2階はセレクト雑貨、3階が
ギャラリースペースになっています。窓がたくさんあって日差しがいっぱい降り注ぐ店内は、
とってもお洒落。春には通りの桜並木が満開になるのだそう。


20150316_3.jpg
落ち着いたグリーンのワンピースが、ギャラリー入口でお出迎え。


20150316_4.jpg
作品と一緒に、『May Meスタイル大人のふだん着』(日本ヴォーグ社)に掲載された写真も
展示されていました。また、洋服のイメージにあわせて伊藤先生自身が選んだ靴下や、本の
なかでも使用されている、アクセサリーや小物なども展示販売されています。
映画『繕い裁つ人』公開にあわせ、中谷美紀さん演じる主人公の市江さんが働く南洋裁店を
イメージしたディスプレイも。原画の複製や、クラシックなボタンも飾られていましたよ。


20150316_5.jpg
ワークショップ「May Me 伊藤みちよさんと作る、チュニック/ワンピース」も行われました。
写真左がチュニック、右がワンピースです。写真ではわかりにくいのですが、左の生地は、
青地に細いストライプが入っています。右は、落ち着いたグリーンのリネンで、デザインと
生地を選ぶことができました。


20150316_6.jpg
1日5人限定のワークショップは、キャンセル待ちになるほどの人気。衿にバイアステープを
つけていくところからスタートです。ギャラリースペースを使ってのワークショップのため、
針を使うとなくなったときに心配!ということで、仮止めクリップが大活躍しました。脇など
布を重ねて縫っていると、上下の布が少しずつずれてきてしまいます。そんなときは、目打を
使うとキレイな仕上がりに。先が曲がったカーブ目打は安定して布を送りやすいと、参加者の
みなさんにも好評でした。

20150316_7.jpg
3時間余りで、チュニックとワンピースが完成しました~!
完成した方から、ティータイム。作業中はみなさん集中して、なかなか伊藤先生と雑談
できなかったので、美味しいチャイを飲みながら、質問タイムに。映画『繕い裁つ人』の
洋裁指導をされたときのエピソードもたくさん聞くことができました。


ソーイングが大好きというオーラいっぱいの伊藤先生。ギャラリーを訪れるお客様たちも、
先生とお話をしたり、作品を見て着て、とても楽しそうでした。笑顔になって帰られる方
たちをみていると、ふと、伊藤先生と映画『繕い裁つ人』の主人公・市江さんが重なって
見えたり。取材をとおして、つくる楽しさをたくさん感じることができました。


■伊藤みちよ先生のホームページ
http://www.mayme-style.com/

■伊藤みちよ先生の本

0A10080273.jpg
『May Meスタイルのソーイング』(日本ヴォーグ社)2012/04/26

0A10080339.jpg
『May Meスタイルの大人服』(日本ヴォーグ社)2013/04/23

0A10080429.jpg
『May Meスタイル 大人のふだん着』(日本ヴォーグ社)2014/09/26


(M.K)

(2015年03月16日掲載)

戻る
Page Top